トップページ > ニュースレター

【ニュースレター】 翻訳を低価格で選ぶならスプリングヒル 1文字2.0円~激安価格で高品質な翻訳

ニュースレター一覧

ニュースレター201306号

今年初の30 度を超える暑さとなる愛知より、ニュースレターの6月号をお送りいたします。プチ氷河期が来るという話ですが、愛知の夏は本当に暑い!暑い!暑い!今から恐ろしいです。みなさん、ぜひ、愛知の夏を体感しにいらしてくださいね。(名古屋飯最高!)

突然ですが、翻訳の文字カウントのお話をしたいと思います。翻訳の文字カウントの方法は、原稿によってさまざまです。最もカウントが簡単な原稿は「Word」です。Word には文字カウント機能がついていますので、翻訳対象の部分のみをピックアップしておけば、クリックひとつで文字数がでてきます。
次は「Excel」「パワーポイント」といったところでしょうか。こちらもとあるソフトを使えば比較的簡単にカウントができます。若干、難しくなってくるのが「テキストベースのPDF」、そして「紙をスキャンしたと思われるPDF」でしょう。このあたりはソフトに拒否されることもしばしば。そうなりますといよいよ人の手でカウントすることになります。
ちなみに。とある翻訳会社様のブログでは、「野鳥の会」のように、カチカチとカウンターを押しながら数えるとのことですが、私の場合は、おもに電卓を使います。単語ごとに、文節ごとに、文字数を足していきます。入社当初、紙ベースの原稿が届くたびに悪戦苦闘していましたが、今では「よっしゃ!かかって来いや!!」という気分になるのは、生まれながらのM 体質なのでしょうか。

私が体にオーラをみなぎらせてカウントするまで少々お時間をいただきますが、どうぞよろしくお願いいたします!

ニュースレター詳細はこちら↓↓

ニュースレター201306号

ニュースレター201305号

この間新年のごあいさつをし、風邪の心配をしていたのに、すでに若葉萌える季節となりました。5月です。このあたりでも春祭りがあちこちで開かれています。皆様のお住まいの地域はいかがでしょうか。

娘が高校生になりました!待ち焦がれていた高校生活。よーし、楽しむぞ!部活に恋に!友情に!時々勉強に!!と春休み中もいろんなことに思いを巡らせてはとても楽しそうにしていました。そんな娘を見る私も「いよいよ青春か…」とニヤニヤしながら、一向に進まない娘の部屋の掃除に手をだす過保護な春でした。
入学式が終わり、学校生活が始まってすぐのことです。娘の様子がなんだかおかしい。浮かない表情でぐったりしています。どうやら慣れない早起き(毎朝5 時)、慣れない満員電車、慣れない顔ぶれ。慣れない授業、慣れないものだらけの生活で、気疲れしている様子。たーくさんの人がいる中で、自分だけがやけにちっぽけに見えたり。不器用に感じたり。すでに明るく楽しく生活している多くのクラスメイトがいるのに、なぜ自分はこんなに疲れていっぱいいっぱいなのだろう。
まぁ、こんなところでしょうか。慰めて励ますのが母の役目。しかし彼女はスマホに夢中。どうやら「中学時代のクラス」「高校の新クラス」の面々とLINE で繋がっていて「さびしい」も「うまくいかない」も吐露できる環境があるようなのです。なんだか複雑な気分。そこにいる家族の励ましよりネットの友だちかッ!現代っ子だな(死語) イマドキだな(ほぼ死語?)、新人類だな…(以下略)

この言いようのないさびしさを…私もLINE で晴らそうと企んでいます。

ニュースレター詳細はこちら↓↓

ニュースレター201305号

ニュースレター201304号

寒かった今シーズンの冬も終わりを告げて、いよいよ春です!スプリングヒルのまわりの風景もすっかり春めいてきました。年度末ということもあってか、英訳のご依頼(特に大型案件)がいつも以上に増え、翻訳者のスケジュールを抑えるのに必死な毎日でした。引き受けくださった翻訳者に感謝の意を!

話はかわって…。私ごとですが、受験生の娘の受験が終わり、合格発表を前にして家族旅行へと繰り出しました。愛知から東京スカイツリー、そしてディズニーランドへの旅です。スカイツリーはその日から「桜」というスペシャルイルミネーションでピンクに輝き、展望台へと上がるエレベーターはまさに宇宙への旅立ち。展望台から広がる夜景を直視できない高所恐怖症の夫をよそに写真を撮りまくる娘とわたし。それはそれは素晴らしい光景でした。光の海!そのまばゆさは感動に値します!ぜひ皆様も恋人とご家族と…。
そういえば、この旅の途中、何度も「言語」と出会いました。中国語のメニュー、韓国語のパンフレット、英語の、フランス語の…。出会うたびに「ニヤニヤ」している私。東京という都会で出会うたくさんの国の言葉たちはどこかで誰かが翻訳したものかもしれない…。そう!もしかしたらスプリングヒルが関わったものもあるかもしれません。もう…。ニヤニヤせずにはいられません!どこかで誰かが必要としているその言語。今後も翻訳の形でお手伝いしていけたら…と思っています。

ニュースレター詳細はこちら↓↓

ニュースレター201304号

コンテンツ 翻訳料金表