トップページ > ニュースレター

【ニュースレター】 翻訳を低価格で選ぶならスプリングヒル 1文字2.0円~激安価格で高品質な翻訳

ニュースレター一覧

ニュースレター201308号

早めの梅雨入りかと思えば、早めの梅雨明けとなり、翻訳事業部の ある愛知県知多郡武豊町ではすでに猛暑日が続いています。暑い…暑いよぅ。暑すぎるよぅ。 私は愛知県の三河地方に生まれて、知多半島へ嫁いできたわけですが、ここ尾張・知多地方の暑さと比べたら、三河はまだまだ「マシ」 です。とにかくこの辺りの蒸し暑さは限界を超えています。平気で36 度を叩き出します。日本はいつからこんなに暑い国になったので しょうか?

昨日、娘が学校から電車で帰宅中、ひとつ前を走る電車が車と衝突、娘の電車も止まるというアクシデントがありました。久しぶりに早く帰る事ができるとウキウキしていた矢先のことです。駅に迎えに行く準備をしていた私の携帯に「電車が止まった」と連絡が 入りました。立ち往生する電車の車内の空調が消えてしまい、人の熱気と 閉塞感で車内はしだいに暑くなってきたそうです。
幸い、娘の電車は事故をした電車の後方を走っていたので、すぐに空調がつき、事なきを得ましたが、対象電車の乗客はしばらくの間空調も 効かない車内に閉じ込められ、徒歩にて駅まで歩いたそうです。便利なモノで自分では行けない場所へ早く行ける。ほとんど時間の狂いもなく…。そんな便利なモノにアクシデントがあると、人はとたんに無力を 尽きつけられる…。4時間かけて、帰ってきた娘を見てほっとしつつも いろいろ考えさせられる出来事でした。

ニュースレター詳細はこちら↓↓

ニュースレター201308号

ニュースレター201307号

社長の結婚披露宴も終わりました。400文字近くの祝電を打ったのですが、無事に届いたかどうかを聞くのが怖い…そんな今日このごろ。嫌がらせのように長い祝電でした…。ただ「おめでとう」を伝えたかっただけだったはずなのに。

今月の翻訳者紹介にてご紹介をさせていただいている翻訳者さんは、6 月出産予定です!このニュースレターを皆様にお送りしている頃には、小さな赤ちゃんのお世話に全力投球のころでしょう。こちらもおめでたい!
また、外国にお住まいの翻訳者さんのお子さんが日本の幼稚園に体験入園されるとのこと。小さなハートから大きなドキドキが聞こえそう! がんばれ! お友達がたくさんできるといいね!!

翻訳者のうれしい近況が届くたびに、スプリングヒルも喜んでいます。いつもたくさんのお願いをし、スピードを要する納期の時もありますがきちんと仕上げてくれるその姿はまさに「職人」。本当に頭が下がります。お客様へ届けられるその翻訳原稿には、決して機械翻訳では含まれることのない「知識」と「思い」があることを声を大にしてお伝えしたいです!
出産をあと数日に控えた前出の翻訳者さんのメールには「翻訳の仕事が好きなのでできるだけ早く復帰したい」と綴られていました。
うぅ、うるうるする。パワーアップして復帰される時を楽しみにしながらも、今は小さくてかわいい赤ちゃんの子育てを日本から力いっぱい応援しています。

ニュースレター詳細はこちら↓↓

ニュースレター201307号

ニュースレター201306号

今年初の30 度を超える暑さとなる愛知より、ニュースレターの6月号をお送りいたします。プチ氷河期が来るという話ですが、愛知の夏は本当に暑い!暑い!暑い!今から恐ろしいです。みなさん、ぜひ、愛知の夏を体感しにいらしてくださいね。(名古屋飯最高!)

突然ですが、翻訳の文字カウントのお話をしたいと思います。翻訳の文字カウントの方法は、原稿によってさまざまです。最もカウントが簡単な原稿は「Word」です。Word には文字カウント機能がついていますので、翻訳対象の部分のみをピックアップしておけば、クリックひとつで文字数がでてきます。
次は「Excel」「パワーポイント」といったところでしょうか。こちらもとあるソフトを使えば比較的簡単にカウントができます。若干、難しくなってくるのが「テキストベースのPDF」、そして「紙をスキャンしたと思われるPDF」でしょう。このあたりはソフトに拒否されることもしばしば。そうなりますといよいよ人の手でカウントすることになります。
ちなみに。とある翻訳会社様のブログでは、「野鳥の会」のように、カチカチとカウンターを押しながら数えるとのことですが、私の場合は、おもに電卓を使います。単語ごとに、文節ごとに、文字数を足していきます。入社当初、紙ベースの原稿が届くたびに悪戦苦闘していましたが、今では「よっしゃ!かかって来いや!!」という気分になるのは、生まれながらのM 体質なのでしょうか。

私が体にオーラをみなぎらせてカウントするまで少々お時間をいただきますが、どうぞよろしくお願いいたします!

ニュースレター詳細はこちら↓↓

ニュースレター201306号

コンテンツ 翻訳料金表