トップページ > ニュースレター

【ニュースレター】 翻訳を低価格で選ぶならスプリングヒル 1文字2.0円~激安価格で高品質な翻訳

ニュースレター一覧

ニュースレター201812号

モノやコトの「終わり」から思う事

最近思った事として・・・。野球の日本シリーズが終わり、野球選手の契約解除のニュー

スをよく見にしました。一時代を築いた選手も中にはいて、なんだか残酷で、そして「まあしょうがないよね」と思った事を記憶してます。

またそんなときに、近所のおじいさんが亡くなったとの連絡が携帯に入り、「あー、時間の流れと共にいろんなモノやコトが終わっていくんだなぁ」と感じました。少し前に山本KIDもガンで亡くなって、人は突然死んでしまうんだなと、これまた再確認した記憶があります。

ちなみにホリエモンは、「死ぬこと」に対してケアをしているみたいで、電車に乗る際やタクシーに乗る際など、細かいところにも気を付けて「死のリスク」を減らしているとの事です。

どうします?明日死んだら?以前書いた「ティアの社長の話し」にもありましたけど、生と死は紙一重らしいですからね・・・。うーん、困りますよね・・・死んじゃったら・・・。

政府も定年制を70才にしようと動いていて、人生100年時代に備えようとしています(なるのか?)。昔はなかったのに、いわゆる「現代病」なるものがあって、いろいろ生きるのも大変ですよね・・・。まあ前からですが、私は「健康」がテーマなので、最近新たに1冊の本を買いました。結構面白そうな本なので次回シェアしたいと思います。

ニュースレター詳細はこちら↓↓

ニュースレター2018012号

ニュースレター201811号

スプリングヒル・・・移転します!

やっとこの時が来ました。

当社は来年3月から「名古屋の中心部」に移転する事になりました。ここに至るまでには色んな事がありまして・・・。最初に目論んでいたテナントは1011階のメゾネットタイプの物件で1年くらい「空き」の状況でした。広さ的には申し分なかったのですが、メゾネットであるが故のデメリットが多く、一旦保留にしてました。次に目をつけたのが小さめの一棟ビルです。契約内容で交渉していたらまさかのオーナーからのNGが・・・。なので、それならとメゾネットに戻るも、なんと決まってしまったとの事(マジか)・・・1年も空いていたのに・・・。再度探し直しで路面店を見つけたのですが、ここでもオーナーのNGが。理由は2年しか貸したくないとの事。

こんな事あるの?って感じで行き詰まって(泣きそう)いたら、なんとその日にホヤホヤの「新着物件」をネットで見つけました。問合わせると初問合せとの事。話は順調に進み(めちゃドキドキしてました)、最終的に先日めでたく契約をする事ができました(涙)。

そのテナント、こんなドンピシャの物件ってあるの?ってくらい「どストライク」の物件で、結局はココに行きつくために右往左往していたんじゃないかってくらいの「運命」を勝手に感じています・・・。うっとり・・・。

ニュースレター詳細はこちら↓↓

ニュースレター2018011号

ニュースレター201810号

中国式SOSとは??

先月の事です。私、訳あって月に1回大阪に行くんですね。っで、その日もいつもの通り出張する段取りで、新幹線に乗っていたんですね。ただ、その日は「生きていてごく稀にしか体験できない大きな出来事に遭遇」したんですよ。ビビりますよ。「えっ?そんな事あるの?」って感じです。

その日はまあ夏なので、割と熱い日だったと記憶してます。あっ、話逸れますが、新幹線って結構「ピッタリ」止まりますよね、所定の場所に。一昔前から線路に侵入できないように、ガードレールみたいな「ガー」って開くやつつきましたよね?あそこに停めないと乗れないし降りれないので、あれって結構緊張すると思うんですよね。しかも、方法としては手前に止まるように調節して、そこからジリジリ進んで所定の場所に止まるのがセオリーだと思うんです。しかも、時間も「ピッタリ」でないといけないので、いろんな要素がある中で、あそこに停めてくる運転手は結構やり手だと思うんですよ。

これが稀な体験ではないので話を戻しますが、そんな感じで「運転手やるな~」って思いながら新幹線を待って乗り込んだ後の事です。いやいや絶対あんた達グリーンじゃないでしょ?って言う、中国人のファミリーがいたんですね。空いてるからってここに来たらダメだよ~って思っいながらしばし観察していると、あの中国語のトーンでゴニョゴニョ喋ってるわけですよ。

私は中国語は分かりませんが、「トーキョー・トーキョー」って言ってるんですね。フムフムなるほどね、乗る車両も違えば乗る方向も間違えたわけね・・・と推測していました。お母さんは子供を3人連れていて、少しだけ日本語ができるんでしょうか、何やら乗客に話しかけてます。しかし同然乗客は理解ができず、お手上げ状態。するとお母さん、思い切った行動に出たんですね。

なんと、あの、赤い、「非常用のボタン」を、「ポチッ」って押したんです。あれって、押したらどうなるかわかります?あれね、「ジリジリジリジリー」って鳴るんです。まあ、そのままですけど。ってか、皆さん「押す?」ねえ、「押しますか?」いや、押さないでしょ。いやいや、でも押したんですよ。ジリリリ~って。

っで、2人の乗務員が超真剣な顔で走ってきましたよ。そしたらね、お母さん、またまたすごい事言うんですよ。分かります?なんて言ったか?答えはですね、「降りたい」って言うんですよ。「降りるから停めてくんない?」みたいなノリで。いやいやいや~。乗務員は「ツギノ、エキデ、オリテ、クダサイ」って言うけど、「ムリムリ」みたいな感じでしたね・・・。なんかこう、凄いですよね、国民性の違いと言うか・・・。ただ、後からボタン見たら「SOS」って書いてあった・・・。まあ確かに状況はSOSだけど、何か違うような・・・。

 

ニュースレター詳細はこちら↓↓

ニュースレター2018010号

1 2 3 4 5 6 24
コンテンツ 翻訳料金表