トップページ > ニュースレター

【ニュースレター】 翻訳を低価格で選ぶならスプリングヒル 1文字2.0円~激安価格で高品質な翻訳

ニュースレター一覧

ニュースレター201706号

●編集長「かじた」のつぶやき・・・

1時間「幽遊白書」をがっちり読んで、やっと診察までこぎつけました。蓄膿って怖いイメージしかないですよね?何か、鼻からグイっと管を入れられて「グリグリグリッ」ってやられたり、よく聞くのが、鼻から顔を「ベコーンッ」って剥がされて、膿を取って・・・みたいな手術とか・・・。いろいろ言われましたが、とりあえずやられたのが、鼻からカメラを入れられて、鼻水の出てくるところのチェックと、顔のレントゲンでした。鼻毛は「鼻毛クリーン」で取れてたはずですが、どうやら元に戻ったみたいでした・・・。(またやろかな)

結局鼻の中のカメラ確認では、鼻水の出てくるところが小さくなっているとの事でした。そしてそれが原因で、鼻水の出る先がなくなり、蓄膿の症状として頬のあたりに鼻水が溜まりやがて膿となる・・・との事です。そしてそれがレントゲン撮影の結果の「白い影」として頬に表れていました。そうです、この通りで私は「蓄膿確定」となりました・・・。何か結構ショックです・・・。蓄膿って治らないって言いますよね?やっぱり顔を「ベッコーン」ってやんなきゃいけないんでしょうか?すごい嫌ですね・・・。今夜は眠れそうにありません・・・。つづく

 

「飲み会がだめなら焼肉を」

最近の若手は、飲み会がニガテで、忘年会・新年会を行わない企業も増えてきていると聞きます。若手と飲みニケーションができないことで、悩まれている方も多いのではないでしょうか。飲み会がニガテな若手でも、焼肉というのなら話は別という話があります。飲み会を、焼肉に言いかえると、参加率はグンと高まるようです。お困りの際は、一度「焼肉」という言葉で若手を誘ってみてはどうでしょうか。

今回は、そんな焼肉についてお話を。多くの方が、お店の看板やポスターで、「和牛」「国産牛」と表記されているのを見たことがあると思います。でも、この違いがわかる方は少ないかと思います。神戸元町辰屋さんによると、「和牛は、黒毛和種・褐毛和種・日本短角種・無角和種」。ちなみに但馬牛(神戸牛、松阪牛、近江牛などの素牛)が、黒毛和種になります。一方、「国産牛は、品種に関係なく全肥育期間の半分以上を日本国内で肥育された牛の総称」。海外の牛でも、3ヶ月間国内で飼育したら国産牛としていた時もあったようです。いまさらですが、

私の個人的なアイデアになりますが、焼鳥という提案も案外若手に効くのではないかと思っています。いかかでしょうか。

ニュースレター詳細はこちら↓↓

ニュースレター201706号

ニュースレター201705号

編集長「かじた」のつぶやき・・・

ゴホゴホッ・・、数カ月前に風邪をひきました。何か熱っぽいような、体がだるいような・・・。何日か経ち、体調はほぼ大丈夫です。でも、咳が・・・ゴホゴホ、ゴホゴホゴホッ。結構ひどく、なかなか止まりません。そしてまた何日か経ち、まだまだ咳は止まりません。

そして、こんどは左の眉毛辺りが重い。何か変な病気かなと、脳卒中とかホントにヤバいのかなと思いました。ふと会社で、「なんか頭重いんだよなー鼻水もめちゃ黄色いし」と私。すると、ある社員が「それ蓄膿じゃないですか?」との事。ハッハッハッ、何を言ってるんだか・・咳も出てるし風邪ですわ、と心で思いながら、「そうですかね~」とカラ返事を一つ。

翌日、頭はさらに重くなってきて、奥歯も何となく痛いような・・・。これ絶対変な病気や!と思いながら、蓄膿か~、一回耳鼻科行こうかしら。って事で、耳鼻科に行きました。私、待つの嫌いなんです。食事とかで待ったりするの嫌いなんです。なんで、病院でも待ちたくないんです。なんで、病院に予約できないか聞いたんです。でも、初診の人は予約できないんです。との事。初診だけが予約できないってなんでなんですか?と思いつつ、指定の時間1900に行ったんです。でも結局1時間待たされて何なんだって感じなんです。でも、幽遊白書があってマンガ読んで少し楽しかったです・・・。

 

「イカシタシカイ」

「イカした歯科医」「リムジン展示無理」「竹やぶ焼けた」。一度、この文章を声にだして読んでみてください。「何、コレ?」という方もいれば、中には、ピンときた方もいるのではないでしょうか。これは、回文。大辞泉によると、回文は「上から読んでも下から逆に読んでも同じ音になるように作ってある文句。『たけやぶやけた』の類。」とあります。

「回文」とネットで検索すると、様々な作品がでてきます。「筋肉ボディで僕人気」「イタリアでもホモでありたい」「世の中ね顔かお金かなのよ」等々、エッジの効いた作品が並びます。興味がある方は、一度検索してみてください。英語にも、回文が存在します。英語では、回文を「palindrome」といい、1629年、ベン・ジョンソンが初めて使ったと言われています。当時の作品は、「Yreka Barkery」(ワイリーカ・パン屋)と言ったもの。その他、よく引用されているのが「Madam, Im Adam.」(お嬢様、私はアダムだ)。「Able was I ere I saw Elba.」(エルバ島を見るまでは、世は有能であったんだ)等があります。

私は日本語に慣れているせいか、日本語の回文のほうが、バラエティに富んでいておもしろいなと感じました。みなさんはどうでしたか。試しに1作品、考えてみてはいかがでしょうか。

ニュースレター詳細はこちら↓↓

ニュースレター201705号

ニュースレター201704号

 編集長「かじた」のつぶやき・・・

最近は珍しく出張がたまにあり、東京や北九州に行く機会が何回かありました。タイミング悪く、年末の帰省ラッシュの時期に重なってしまって、結果的に「グリーン車」しか空いてない状況でした・・・。

グリーン車って5,000円くらい高くなりますよね?う~ん・・・と考えるも、まあしょうがないのでグリーン車で行く事にしました。そして帰り、逆に「上る」ので、普通に指定席で帰りました。空いてますからね。 ・・・。 ・・!! なんか変だな?? いろんな気づきがありました。

グリーン車=14席で隣いない。サービス良い。普通席(指定)=5席で狭い。隣は基本誰かいてサービス普通。例えば、名古屋⇔東京だと、指定片道10,000円・グリーン15,000円です。グリーンは隣が基本いないので、2席を1人で使えて15,000円。しかも広いので仕事(PC)もできる。比べて指定は隣がいてキュンキュンで狭くて仕事もできない。要は、5,000円だせば、グリーンの席をもう一つ借りれ、そして広々仕事ができる空間も得れるんですよね?

これどうですか??距離が延びれば時間も伸びる。居心地の良い時間も伸び、仕事ができる時間も伸びる。う~ん、グリーン車、アリだと思います。

 

「こんちには みさなん おんげきですか?」

当社が携わる翻訳の仕事に限らす、ビジネスの世界で文章に携わる全ての人には誤字脱字はつきものです。人間ですので、ヒューマンエラーはつきものというものの、誤字脱字があると信用を失ったり、仕事によってはクレームに発展してしまうこともあります。

そのため大きな出版社になると、校正という専門部署を設けて日々チェックに力を入れています。2016年には石原さとみさんが、「校正」の部署を舞台としたドラマに出演され、話題になっていたので記憶に新しいかと思います。そんな誤字脱字のレベルを逸脱するのが、今回のテーマ。上述の「こんちにはみさなんおんげきですか?」をご覧になり、みなさんは、どう読まれましたか。

おそらく、ちゃんと「こんにちは、皆さんお元気ですか?」と読み取っていませんか。しかし、よく目を凝らしますと、じつにめちゃくちゃな文章。でも、人間は不思議なもので「文字の最初と最後」さえ認識できれば、あとは今までの自分の経験や記憶から予測して自動的に認識してしまうようですね。もちろん、だからといってビジネスの世界で使ったら、即始末書になりますのでご注意ください。

ニュースレター詳細はこちら↓↓

ニュースレター201704号

コンテンツ 翻訳料金表