トップページ > 証明書翻訳

【証明書翻訳】 翻訳を低価格で選ぶならスプリングヒル 1文字2.0円~激安価格で高品質な翻訳

証明書翻訳 公的書類等の翻訳をご希望のお客様

証明書翻訳とは戸籍謄本・婚約証明・出生・死亡証明、在職・在学・卒業証明など公的(公的機関へご提出が必要)な書類を指します。対象原稿により難易度が異なりますので、原稿(難易度)を確認させて頂いてからのお見積りとなります。

証明書翻訳 公的書類等の翻訳をご希望のお客様詳しくは各言語料金表ページをご確認ください。 スプリングヒルでは、証明書翻訳専門のネイティブスタッフが在籍しております。

各言語、多くのご依頼を頂いておりますので証明書翻訳に必要なノウハウは既に習得しております。したがいまして、スピーディーな翻訳かつ低価格な対応が可能になります。

翻訳方法は通常のサービスと同様「スタンダード翻訳」と「クオリティー翻訳」よりご選択頂きます。(スタンダード翻訳とクオリティー翻訳の違いはこちら)また、お急ぎのお客様には「スピード翻訳」もオプションでご選択可能でございます。

以下、「その他費用」や「注意事項」についての詳細がございますので、ご確認宜しくお願い致します。

その他費用について

上記にもございます通り、「難易度」と「翻訳タイプ」にてお見積り金額は決定されます。また、その他「作業費」「校正費用」「翻訳証明書費用」が必要な場合がございます。以下ご確認ください。

作業費について
FAX・郵送・イメージデータ等(テキスト原稿以外)での原稿ご提出の場合は別途料金をご請求いたします。
■ 1文字:1.0円 1ワード:2.0円
※お客様ご自身にてテキスト対応頂ける場合はご請求対象外となります。
校正費用について
翻訳前原稿がWordファイルやExcelファイルなどテキスト形式で、納品時にレイアウトの変更等がない場合は無料となります。原稿がPDFファイルおよび画像ファイルなど、お客様にご納品する際に加工を要する場合は校正費用として別途料金をご請求いたします。
費用が発生する例)・戸籍謄本や住民票などは画像データもしくは紙データになっており、お客様にご納品する際ExcelやWordファイルにて表などを作成する必要がある場合等
■ 1ページ:1,000円~
※翻訳後の文言のみの納品で、その後お客様ご自身にて対応頂ける場合はご請求対象外となります。
翻訳証明書費用について
【翻訳証明書とは】
「翻訳証明書」とは、当事者が自己都合で翻訳をしたものではなく、第三者が忠実に翻訳を完了した事を証明する書類になります。大使館や公的機関にご提出の際は必要となる場合がございますので、事前に調査の程をお願いいたします。「翻訳者のサインが必要」とされている場合はございますが、当社=翻訳対応会社の「社印」で基本的には代用可能なケースが大半でございますので、予めご確認をお願い致します。また、イタリア等、一部地域では、証明書以外の書類も必要なケースがございますので、対象先大使館にて事前にご確認される事を推奨いたします。

【翻訳証明書発行の必須事項】
翻訳証明書は第三者として確実なる翻訳を証明する書類になりますので、発行の条件として「ハイクオリティー翻訳」の選択を必須事項とさせて頂きます。また、証明書に記載する「原稿のタイトル」も必要になります。ご相談の後、適切なタイトル表記をさせて頂きます。

【翻訳証明書の価格】
発行手数料:1部1,575円(送料込)
※郵送は「郵便局エクスパック350」にてお送りいたします。(速達等は取り扱っておりません。)お急ぎの場合や時間指定をご希望のお客様につきましては「宅急便着払い」にてご対応いたします。(日本国内のみ対応)

注意事項について

正確な翻訳と迅速な納品のため、以下の通り証明書翻訳に関する注意事項をご連絡致します。ご協力の程宜しくお願い致します。

注意事項 ~固有名詞に関して~
証明書翻訳の原稿内にはたくさんの「住所」「氏名」が含まれております。一見簡単そうな固有名詞でも、ネイティブ翻訳者には読み方の判断が難しい場合がございます。
また、地域独特の読み方などがあり、日本人でも正確に読み方の判別できなかった事など皆様もご経験があるのではないでしょうか。その他、正しい漢字表記やアルファベットでの表記なども証明書翻訳には必要不可欠です。
必要な情報が不足した状況での、相応しくない原稿納品を避けるため、お手数ではございますが、お申込み時までに「固有名詞の読み方」のご連絡を頂ければ幸いに存じます。
もちろん頂かなくても翻訳は可能でございますが、最終的に確認して頂き固有名詞の表記が適していない箇所は、再修正後の再納品となり、時間のロスに繋がります。
「固有名詞の表記」は翻訳作業とは異なりますのでご理解ご協力の程、宜しくお願い致します。

ご連絡を希望する項目

翻訳後言語での表記方法
例)
・英語への翻訳の場合:「アデレードストリート → Adelaide Street」・「マイク → Mike」・「スプリングヒル →SpringHill」など、「固有名詞の表記方法」

・日本語への翻訳の場合:「Mike → マイク」「彭 世嘉 → ホウ セカ」「Adelaide Street → アデレードストリート」など、「固有名詞の読み方(カナ)」

・韓国・中国語への翻訳の場合:「日本語の読み方(カナ)」 → 適切な文字にて表現させて頂きます。
最終納品までの納期について
上記の通り、証明書の適切な翻訳作業には、通常の翻訳と比べ若干手間が必要になります。その結果、証明書を必要とされないお客様でも「最低3日程度」、必要なお客様は「最低3日プラス郵送期間」が必要でございます。
お急ぎのお客様につきましてはご協力頂く事により、より一層迅速な納品が可能でございます。
※スピード翻訳対応もオプションにて可能ですが、あくまで「翻訳に掛かる時間の短縮のみ」でございます。固有名詞につきましては、お客様のご協力が必要になりますので予めご承知おき下さい)
コンテンツ 翻訳料金表