トップページ > ニュースレター

【ニュースレター】 翻訳を低価格で選ぶならスプリングヒル 1文字2.0円~激安価格で高品質な翻訳

ニュースレター一覧

ニュースレター201805号

英語の勉強「再度」はじめました・・・

私は毎日「音楽」を聞きながら仕事をします。その時々の気分に合わせて、クラシックやロックなど、仕事内容に合わせて選曲しています。でもこれ、YouTubeで聞いてるんです。なので、ご存知の方は多いと思いますが、基本的に「広告」が割り込んでくるんですよね。うざいですよね~。でも、まあ、当たり前か・・・。無償でサービスを受けれると思っているこっちがおかしいか・・・。

って事で、その「広告」の話しなんですが、あの広告達って意味ある?って思いません?あんなので「いいじゃん買います!」って人いる?いないよね?でもね、私、その広告みて「いいじゃんコレ、やってみよかな」って思って、買っちゃったんですよ・・・。いるんですねーそんな人・・・。

っで、何を買ったかと言うと「授業」を買いました。・・・あ、はい、そうです。授業です「講義」を買いました・・・。何かと言うと「大学受験の時に受ける講義・授業」です。翻訳会社をやっているんで、やっぱそれなりに英語には興味があるわけですよ。英語のブラッシュアップ(定期的なメンテナンス)もしたいわけですよ、あんまやってないですけど。

早速その授業を見てみたんですけど、結論、すげー良いんです。分かりやすくてすんなり頭に入る感じですね。英語って大きく言うと「暗記」と「理屈」なんですね。(まあ何の科目でもそうだけど)文法とか単語とか覚えないといけないですよね?でも、この講義を聞いていると覚える必要のない事も覚えていたんだな・・・と思いました。または、よくわからんからとりあえず「暗記」していたりとか。単語に関しても「理屈」があり、「核心」を理解していればいろいろ応用できる事があるなと。

これって、社会人になってからでも言える事で、暗記でなくて「要点を理解する」って事が重要なんだなと、改めて感じました。例えば「bar」って言う単語ありますよね?これって何を思い浮かべます?飲む店?ですか?お酒好きなんでもろコレが私は頭に浮かびましたが・・・。あとはチョコバーもこのバーです。あとは、裁判所って意味もあるみたいです。何かいろいろありますが、核心となるところはチョコバーの「バー」です。バーって要は四角いと言うか長四角のやつですよね?あれですね。お酒のバーもカウンターの「長い机」を指していて、裁判所も何か四角いテーブルのところで証言させられますよね?なんで外人さんは、バーと言うと「あんな四角い感じ」が頭に浮かぶみたいですね~。また次回でもお話しますが、根本的な「感覚」が日本人と180度違うんですね。なので、そもそも「概念」が違い過ぎるので、ちゃんと「そこ」も理解しながら学習する必要があるみたいです。 

ニュースレター詳細はこちら↓↓

ニュースレター201805号

ニュースレター201804号

葬儀大臣、ありがとうございます!!

先日、葬儀会社ティアの冨安社長の講演を聞く機会がありました。名古屋を代表する会社の社長さんで、めちゃくちゃパワフルだったなあと記憶してます。たくさんの事をこの講演で学びました。いくつか例を挙げると、うーん、軽く思い起こしただけでも3つのテーマが思い浮かびます。すべて「精神」的な話しだったのかなとも思います。

まずは、葬儀だけに「死」に関してすごく持論を持ってました。今日と言う1日は1/365日ではなく1/1×365日だと。

あるお客様の19歳の息子が、今まで何の前兆もなく、すごく健康体であったのに、いきなり翌日になったら布団で亡くなっていた・・・。たまたまその前日に「調子が悪いから今日は早めに寝るね」と。これが最後の会話で、本当にやりきれないと。

普通に走行車線を走っていたら、前方からトラックが走行車線をはみ出してぶつかってきた。何で私のお父さんが、何も悪い事をしていないのに死ななければいけないの?朝の「行ってきます」が最後の会話だった・・・。

冨安さん曰く、当たり前ですが、人は今日死ぬとは思っていない。でも、実際には自分に瑕疵が無くても人は死んでしまう。後0.5秒ずれていれば回避できた事故もあるが、その瞬間に居合わせてしまって人は死んでしまう。だから、私はいま生きていることに感謝して、毎日を精一杯生きるのだと・・・。

う~ん、悲しい話ですね・・・。他人事のようで他人事ではないですね・・・。そんなティアの理念は「本当にありがとうと言われるサービスを提供する」との事です。最近不祥事がいろいろ起こっているが、これは全て経営陣が悪いとの見解です。利益率・粗利・売上げ・・・これらを必要以上に追うために、現場がその期待に応えようと「改ざん」や「偽造」をするのだと。会社の求める所を「売上・利益」ではなく、やりがいや感謝に置き換える事が重要だと。結果、そのサービスが提供できていれば売上・利益は後からついてくると。人生は尽くして生きる事→「尽生」だ。仕事は志をもって事を成す→「志事」だと。これらを教育の核として日々社員教育をしているのだと。

こんな素晴らしい考え方を持っている会社がなんと、フランチャイズを募集しているみたいです。う~ん、やろうかな・・・。葬儀業界は「唯一右肩上がり」の業界で、プレーヤーは家族経営の葬儀屋が大半との事。今はイオンなど、大手の会社も参入してますが、団塊の世代とその子供の私達が亡くなるまでは大きく成長し続ける市場です。

さあ皆さん、一緒に葬儀業をやりましょう!初期投資額は、調べたところ・・う~ん・・・約2億!!まじかっ、高いんでやっぱりやめましょう・・・。

ニュースレター詳細はこちら↓↓

ニュースレター201804号

ニュースレター201803号

今月は間違えて「前回のNL」をお送りしてしまいました・・・申し訳ございません・・・。

以下は、以前からの「新卒の新車営業担当」の話しです。

 

車を買いに行き、新卒の社員が私の担当に。

正直大丈夫かなと・・・。結果、やっぱり微妙でした・・・。まず、私は車の事が良くわからないので、オプションってやつの説明をうけました。車は大きく3つ?に分かれているみたいで(たぶん)、「車本体」「その店舗で販売するオプション」「車メーカーのオプション」って感じだと思います。

大体車屋はフランチャイズみたいな代理店?で、「その店舗で販売するオプション」がその会社(代理店)の利益で、車代とメーカーオプションはその代理店にはあまり利益が入らない構図だと思うんですね。っで、そのオプション選んでたら、例えば、シート(子供が吐いちゃうから)あと、UVカットみたいなやつとか、勝手に色決めるんですよね、その新卒の人。シートは黒、UVカットもスモークみたいな暗いやつって感じで。

そもそも受け答えも怪しいので、結局別日にもっかいその店行って、先輩みたいな人がいて、いろいろ話してたら上記(色決め)が判明しました・・・えっ、選べたんやって感じで。結局その後も書類不備やらなんやらいろいろありました・・・。

まあ、さわやかに頑張って仕事には取り組んでいるので、文句は一切言わなかったですけど、ちょっと高い買い物だとやっぱり不安かなと・・・。

皆同じ道を通っているので、頑張っていきましょ~。

ニュースレター詳細はこちら↓↓

ニュースレター201803号

コンテンツ 翻訳料金表